英会話を身につけるにあたって知っておきたいこと

英語の基礎とは

まずは、基本的な母音の発音から。日本語とは母音の数から違う上に、発音にはかなりの違いがあります。たとえば、地図。英語ではマップといいますが、「マップ」と言うとアメリカ人のほとんどはモップのことだと勘違いします。英語のネイティブの人の発音を参考にする、英会話教室できちんと学ぶ、発音の音が出る辞書などを使う、などしてしっかり発音できるようにします。母音の次は、子音です。これについては母音以上にコツが要るので、ちゃんと分かっている人間に教えてもらうことをオススメします。発音以外でも、もちろん、単語や熟語を多く覚えることも重要ですし、文法をしっかり使えるようになることも必要です。特に文法は、日本語では馴染みのないような表現も多くありますので、注意が必要です。

ここで、英語の発音について留意しておきたいことを話しておきます。できるだけ本来の英語の発音に近づけることが、ビジネスシーンにおける英会話では重要となります。相手がこちらの発音を聞き取れないのでは話になりませんし、しっかりした発音を知っていればヒアリングの能力の上達の助けにもなります。しかし、これはあくまでビジネス英会話に関した話にすぎないのです。そもそも、本来の英語とはなんでしょう。アメリカ英語(General American)のことでしょうか。確かに、現在の話者人口が最も多いのはアメリカ英語です。しかし、英語の発祥はアメリカではありません。では、発祥の地のイギリス英語(Received Pronunciation)が本来の英語となるでしょうか。しかしReceived Pronunciation以外にもイギリスには多くの方言があり、お互いの意思疎通が難しいものもあります。アメリカ英語、イギリス英語と並んで三大英語とみなされるオーストラリア英語だって、発音や文法などに独特な特徴を有しています。つまり、発音や英語に正解なんてないということです。ビジネスシーンでは、たとえばアメリカ英語を話せることがアドバンテージになるのだとしても、すべての場合においてもそうであるとは言えないのです。