英会話を身につけるにあたって知っておきたいこと

効率よい英語学習法

ネイティブ講師とのレッスンは、英会話能力向上のための近道です。

ビジネスやトラベルの場面では、英会話能力が必要なことが多々あります。特に、近年の日本への外国人旅行者の増加に伴い、日常の生活の中でも英語を耳にしたり、または、英語で話しかけられる機会も出てきました。このような状況の中、英会話を勉強してみようかという気になる人も多いのではないでしょうか。 英会話の学び方としては、NHKなどのラジオ講座や一般書籍、リスニングテープの利用や、海外のドラマや英語を字幕で観る、そして、習いごととして習うといった方法があります。英会話教室での、実際にネイティブ講師との会話を通して、生の言葉を聞き、それに自分の口から答えを返していく、という流れの繰り返しは、もっとも身につきやすい方法です。しかし、ただ教室に通うだけでは上達はしません。自分が英語を使う場面を想定し、言葉やフレーズを日常から覚えて、それをアウトプットする場として英会話教室を利用することが、効果を高める手段の一つです。

日常的にネイティブ講師と英語を使う方法。

英語は覚えるだけでなく、使うことで、英会話能力を高めることができると述べましたが、実際の習いごととしての英会話は高額で、頻度を上げて通うことは難しいです。しかし、雇用保険に加入している社会人であれば、受講料の一部がハローワークより支給される教育訓練給付制度があります。総受講費の20%、最大で10万円の支給を受けることができます。 また、安く手軽に英会話を学ぶ方法として、スカイプなどのインターネット電話サービスを利用した英会話も近年流行しています。週に1から2回通う場合のスクールの月謝が3万円前後であるのに対して、スカイプの月謝は毎日受講しても6千円程度です。また、24時間レッスンを受講できるような教室もあるので、仕事に行く前、若しくは帰宅後にレッスンを受けることができます。マイクとカメラがあれば、体験レッスンも受けることができますので、迷われている場合は、一度試してみることをお勧めします。